感染症情報

2009年5月16日、神戸から始まったわが国の「新型インフルエンザ」対応ですが、そこで重要な役割を果たしたのが地元の「かかりつけ医」と医師会の協力でした。以後は、県知事はじめ行政・医師会・関係医療機関の協力により、新型インフルエンザの流行は終息しました。しかし、その後もさまざまな感染症の流行が次々に発生しています。そこで大切なのは感染症の正しい理解と的確な対応となります。

ここでは県民の皆様が個々の感染症に理解を深める役に立つ情報を発信していきたいと思います。

関連キーワード

感染症情報の新着情報

過去の記事

2015年~2016年