下肢の静脈内に血栓ができて、炎症を引き起こす病気です。
 血栓のできる場所から、深部静脈に発生する深部静脈血栓症と静脈瘤に合併することが多い表在性血栓性静脈炎に分けて、考えられています。ここでは、皮下の静脈に発生する表在性血栓性静脈炎について説明します。

症状

 ふくらはぎや膝の周囲の静脈のややふくれた静脈が、突然、硬くなって、赤くなって痛みを伴って腫れてきます。一カ所のこともありますが、静脈の走行に沿って、縦に細長く症状が出ることもあります。

原因

 抜歯後や足に白癬症があったり、足に怪我をして傷ができたり、風邪を引いたなど何かきっかけがあって炎症を起こしてなることが多く下肢静脈瘤に合併して起こることもしばしばあります。
 下肢静脈瘤は、静脈内の静脈弁が逆流することにより、静脈圧が上昇し、静脈の拡張をきたす病気です。
 血液のうっ滞がおこりやすく、時に静脈内の血栓形成を引き起こします。これが表在性血栓性静脈炎です。

治療

 炎症の強い時期には、症状の緩和のために消炎鎮痛剤や血栓の広がりを防ぐ抗凝固療法が行われます。
 療養としては、水分を十分にとり、局所はあまり触らないようにして、少し足を拳上したりします。
 多くの場合は静脈瘤に合併することが多いので、症状が落ち着いた時点で、静脈瘤の治療を考えていくのがよいでしょう。

どこの科にかかるとよいか

かかりつけ医に相談され、血管外科、心臓血管外科を受診して下さい。