「橋本病」の90%以上は女性で30~60歳代に好発するとの報告があります。成人女性の25~30人に1人の割合でみられる、ごく一般的な疾患といえます。
このように、「橋本病」は慢性に経過する甲状腺の病気で、放置していてもまず心配はいりませんが、患者さんの20%くらいに、長期間経過しているうちに甲状腺機能低下症状(全身倦怠感・浮腫・しわがれ声・寒がり・便秘・脱毛など)がみられることがあります。

「橋本病」の症状は

代表的な甲状腺の自己免疫疾患で、橋本甲状腺腫、慢性甲状腺炎などの名があり、他臓器の自己免疫疾患と合併することもよくあります。多くは甲状腺が全体に硬く腫れますが、痛みもなく、内科などを受診したとき「甲状腺が大きいね」と触診した医師に言われて気づくほどで、甲状腺機能が正常な限り、甲状腺腫による圧迫症状以外は無症状で経過すると言ってよいでしょう。逆に言えばかなりの頻度で見落としもあると思われます。
高齢者の認知症が、慢性甲状腺炎から生じた甲状腺機能低下症によることも時々あります。
また甲状腺組織の破壊が急に起こり、甲状腺ホルモンが血中に放出されて甲状腺機能亢進症状がみられることもあります。(無痛性甲状腺炎)

中年女性に多い慢性甲状腺炎 (海藻の過剰摂取は控えめに)

治療や療養に関してのアドバイス

甲状腺ホルモンの補充が必要な場合は甲状腺ホルモン剤を。 あとは、海藻の過剰摂取を控えるのは好ましいとされています。最近の自然食ブームで根こんぶの汁を常飲される方がおられますが、「橋本病」の方がこの常飲を続けたり、海藻サラダを過度に食べたりする事により、甲状腺腫大や甲状腺機能低下を招きかねません。

診断は、硬い甲状腺全体の腫れを確認するとともに、血液中の甲状腺抗体の測定や超音波検査を参考にします。「橋本病」で、いわゆる自律神経失調症に似た症状がみられる場合があるので注意する必要があります。食欲不振・頭重感・めまい・息切れ・ふらつき・不眠・冷感・のぼせなど多彩です。中年女性に多くみられる病気のため、更年期の症状も伴い、「橋本病」が複雑になることもあります。

どこの科にかかったらよいか

まずはかかりつけの内科医に相談してください。
そこで、専門医を紹介してくれるでしょう。