カンジダとはかびの一種で常在菌、すなわち自然発生的に体内に繁殖するものです。カンジダ菌は多くの人が保有しており、それ自体は問題ありません。その菌が膣内に繁殖し、外陰部のかゆみや酒かすのようなおり物がでる、などの症状が現れて初めて治療が必要になるわけです。

カンジダ性膣外陰炎原因は

膣内にカンジダ菌が繁殖する原因については、はっきりしていません。

  • ホルモンバランスの変化から、膣内がカンジダ菌にとって快適な環境になったため。(妊娠中・糖尿・抗生剤・ステロイド・ピル使用)
  • 一部では性行為から感染することもある。
  • 再発を繰り返す場合は、糖尿病、抗生物質投与などが考えられる。
  • セックスパートナーが菌を保有していながら無治療の場合。
  • 腸内カンジダ菌の異常繁殖。

恥ずかしがらずに症状がでるたびに病院に行って適切な治療を受けることが大切です。

治療や療養に関してのアドバイス

治療自体は簡単で膣錠を一、二回投与したりかゆみを抑えるカンジダ用軟膏を塗布することでたいていの人は症状が収まります。
再発を繰り返す場合、糖尿病や抗生剤が原因と考えられる人はまずその病気を治すことが先決です。
原因不明で再発を繰り返している場合はセックスパートナーを疑ってみる必要があります。自覚症状がなくても菌を保有している場合もありますから、パートナーもきちんと治療する必要があります。
時には腸内に菌が繁殖している場合が考えられます。この場合は内服薬を2週間ほど服用して様子を見ることになります。  かゆみ止めにステロイドの入った軟膏を使うとカンジダをよけいに悪化させます。
やはり症状が出るたびに病院に行って適切な治療を受けるのが一番です。自分の体のためにも婦人科とうまくつきあっていくことが大切でしょう。

  • 外陰部のかゆみやおり物はカンジダ以外にも様々な病気のサインとなりますから、市販の薬に頼らず病院に行って治療しましょう。
  • 再発を繰り返す場合は糖尿病や抗生剤が原因と考えられる人はその病気を治すことが先です。
  • 原因不明で再発を繰り返す場合、セックスパートナーもチェックしてみましょう。

どこの科にかかったらよいか

婦人科