この度、本会と兵庫県小児科医会の共催により、標記講習会を下記の通り開催いたしますので、ご案内申し上げます。
※なお、新型コロナウイルスの感染状況等により、研修会が開催できない場合は本会ホームページ(https://www.hyogo.med.or.jp/)でお知らせいたします。

開催日時 3月21日(日)9:30~12:00
開催方法 Web開催(Zoomを使用)
対  象 医師、看護師、リハ職、教職員、福祉行政職等制限無し
定  員 リモート参加 100名以上可能
申込方法 3月12日(金)締切 本ページに設置したフォームよりお申込み。
※後日、メールにてZoomのIDとパスワードを送信いたします。
テ ー マ 「医療的ケアの現場での困りごとを解決したい」
内  容 訪問看護や特別支援・養護学校における医療的ケアのノウハウ・知りたい点を分かり易く解説するとともに、マーちゃん人形を使って、気切カニューレと胃瘻ボタンの交換実技をライブ放映します。他に新型コロナウイルス対策、脳性麻痺の側彎症の3本立てでリモート開催します。事前登録が必要ですが参加無料です。
時 間 内 容
9:30~9:35 開会挨拶 兵庫県医師会 副会長 足立 光平
 9:35~10:15
40分
講演① ・にこにこハウスの新型コロナウイルス対策
・在宅医療的ケア児が濃厚接触者となった場合の兵庫県の対策

にこにこハウス医療福祉センター 施設長 河崎 洋子 先生

10:15~10:45
30分
講演② 重症脳性麻痺児の側彎合併症とその対策

にこにこハウス医療福祉センター  西村 美緒 先生

10:45~11:35
50分
講演③ 日々のケアに役立つ喀痰吸引・経管栄養のノウハウ

医療福祉センターきずな 院長 常石 秀市 先生

11:35〜11:55
20分
実 技 人形を使って気切カニューレ、胃瘻ボタンの交換実技放映
11:55〜12:00 閉会挨拶 兵庫県小児科医会 会長 藤田 位

※本講習会は兵庫県の補助金「小児在宅医療人材育成基盤整備事業」を活用して開催
※各種専門医制度および各種職種専門制度のための単位認定換算はありません

こちらのフォームからお申し込みください。

以下の内容でよろしければ「送信する」ボタンを押してください。

お名前
例) 兵庫 花子
フリガナ
例) ヒョウゴ ハナコ
所属機関
(医療機関・施設等)
電話番号
例)078-231-4114
E-mail
例) *******@xxxxx.xxx.xxxx