高齢者が住み慣れた地域において、延命のための医療ではなく、自然なかたちでその人らしく生き抜き、日々の暮らしを営めるよう、医療・介護連携における終末期の対応向上を目的に、医師、医療従事者並びに介護職員等を対象とした標記研修会を、下記の通り開催いたしますので、ご案内申し上げます。

●取得単位
・日医生涯教育講座 1.5単位(講演①0.5単位(CC:81)、講演②1.0単位(CC:13))
・介護支援専門員協会認定単位 カテゴリB-2単位

※不測の事態により開催できない場合は本会ホームページでお知らせいたしますので、予めご確認下さい。

1.日時 2月29日(木)14:30~16:00
2.会場 西宮健康開発センター(西宮市染殿町8-3)

※本会会館ではございませんのでご注意ください

3.対象者 医師、医療従事者、介護職員等
4.募集定員 70名
5.内容 ●講演①「明日からできる人生の最終段階における意思決定支援のポイント」
兵庫県立西宮病院 がん看護専門看護師・乳がん看護認定看護師 井関 千裕 氏(概要)「終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン」の解説と共に、患者または利用者、家族との具体的なACP(Advance Care Planning: アドバンス・ケア・プランニング)の進め方、コミュニケーションのポイントをお伝えします。
講演②「神戸圏域での「多職種で取り組むACP」
中神クリニック 院長 中神 祐介 氏(概要)神戸市医師会では2017年よりACPを集中的に議論する特別委員会を立ち上げ、神戸圏域におけるACPの在り方を議論してきた。地域での課題の抽出、論点整理を行い2018年に神戸市長へACPに関する提言書を手渡した。それを受けて行政内でACPの有識者会議、検討委員会が立ち上がり、医師会、関係団体とともに協議を重ねてきた。現在は、具体的な取組の現場や市民への実践、実装段階にある。医師会が主導し、多職種、行政とともに歩んできたこれまでのACPの取組を紹介するとともに、消防とともに動き出した「ACPを重視したDNARプロトコール」の取組も紹介いたします。
6.申込方法 下記申込フォームよりお申込みください。
7.申込期限 2月26日(月)
8.受講決定通知 ※定員になり次第締め切りとなり、定員に達した場合のみ、お断りのご連絡をさせていただきます。
9.留意事項 1)申込み時に入力されたメールアドレスでメール受信拒否設定等をしている場合、予め
「@hyogo.med.or.jp」からのメールを受信できるよう各自で設定願います。
2)不測の事態により開催できない場合は本会ホームページでお知らせいたしますので、予めご確認下さい。

以下の内容でよろしければ「送信する」ボタンを押してください。

参加者氏名
例) 兵庫 太郎
フリガナ
例) ヒョウゴ タロウ
職種
例)医師、看護師等
医籍登録番号(医師のみ)
例) 999999
所属機関
例) 兵庫県医師会クリニック
※所属のない場合は、「所属なし」と記入してください。
住所
E-mail
例) *******@xxxxx.xxx.xxxx
連絡先TEL
連絡先FAX

不正な登録を防ぐため、画像認証を行います。
画像の中に表示されている文字を入力してください。

captcha