申し込みは締め切りました。

令和5年度兵庫県医師会学校医実務研修会

近年における社会環境と生活習慣の変化に伴い、児童・生徒の健康に関する問題も非常に多岐にわたり、学校医の新しい取り組みが求められております。
本研修会では、学校保健に関するトピックスを取り上げ、学校医・学校保健関係者の基礎的素養の向上を図り、学校健康教育の充実を目指すものであります。実際に学校保健に携わる学校医だけではなく、他職種の方も対象としておりますので、奮ってご参加いただきますようご案内申し上げます。
なお、ハイブリッド開催(※)を予定しておりますが、天候や災害の不可抗力等により、完全Web開催となる場合は本会ホームページ(https://www.hyogo.med.or.jp)でお知らせいたしますので、ご来場前にご確認ください。

日 時 令和6年3月2日(土) 14:00~15:30
会場および開催方法 兵庫県医師会館2階会議室とWebによるハイブリッド開催
会場定員 100名(参加費無料)
講 演 「学校におけるLGBTQの理解と対応について」
宝塚大学看護学部 教授 日高 庸晴 氏
講演概要  LGBTをはじめとするセクシュアルマイノリティ(LGBTQ)を対象にした調査によれば、他集団に比較していじめ被害率・不登校率・自傷行為率が高率であり、国の自殺総合対策大綱においてもそのリスクの高さに言及がある。性的指向と性自認や、性表現の多様性が保障された学校環境でないことが、これらの一因であるとも考えられる。筆者は1990年代後半からのHIV感染の拡大とその流行に合わせ、ゲイ・バイセクシュアル男性を対象にした疫学調査を継続して実施しており、現在では3年ごとに1万人規模のLGBTQ全国調査を実施している。
申込方法 下記お申込みフォームより2月16日(金)までにお申し込みください。
Web参加者・現地参加者共に、受講URL等及び当日資料を事前にメール送信いたしますので、添付資料が受信可能なメールアドレスをご入力ください。
※現地参加申込者へ受講票を送付いたしますので、当日ご持参下さい。
取得単位 日医生涯教育講座1.5単位(CC:72)