阪神淡路大震災で両足をタンスに挟まれました。以後すねのあたりの筋肉がけいれんしたり、激しい痛みに襲われます。対処法を教えてください。

神経障害性疼痛の原因

 この方は両足が長時間にわたって圧迫されたことにより膝の外側にある末梢神経が損傷したと考えられます。この状態を「神経障害性疼痛」といわれます。ビリビリと電気が走るような痛みで一般的な鎮痛剤が効かないのが特徴です。外傷以外では椎間板ヘルニア、糖尿病、手首の正中神経が傷つく「手根管症候群」など多くの疾患が原因となります。

治療や療養に関してのアドバイス

 一度傷んだ神経は元に戻りにくいため痛みをなくすことは難しいでしょう。しかし、薬や注射によって和らげることはできます。「プレガバリン」(商品名リリカ)というお薬に、過敏になっている神経を鎮め、痛みの伝達物質の放出を抑える作用があり、一般の消炎鎮痛剤とは異なる効き方で高い効果が期待されています。副作用としてめまい、ふらつきがあり転倒の恐れもあります。骨折しやすい高齢者は慎重に使用するか、他の鎮痛剤や神経の修復作用のあるビタミン12製剤を使用してください。
 腰髄の外側の硬膜外腔に麻酔薬を注射する「神経ブロック療法」をペインクリニックで受けるのもよいでしょう。

どこの科にかかるとよいか

整形外科やペインクリニックを受診してください。