首の超音波検査で甲状腺に腫瘍が見つかりました。大病院で精密検査を受け良性といわれましたが、このままでいいでしょうか?

甲状腺腫瘍

 甲状腺は喉のあたりにある内分泌器官で、新陳代謝を促したり交感神経を刺激する「甲状腺ホルモン」を分泌します。
 甲状腺にできる良性腫瘍は

  • 腺様甲状腺腫(結節性甲状腺腫)
     1~数個のしこりができる
  • 甲状腺のう胞
     液体が詰まった袋状の腫瘍
  • 濾胞腺腫
     悪性腫瘍との区別が難しい
  • プランマー病
     甲状腺ホルモンを過剰に分泌する腫瘍

治療や療養に関してのアドバイス

 細い針を腫瘍に刺して一部の細胞を取り出し腫瘍の種類を判定する「針生検」などで確定診断ができていれば手術は必要なく、経過観察で良いとされています。しかし、針生検の結果、

  • 悪性腫瘍の可能性が完全に否定できない
  • 良性腫瘍が5cm以上で気管や食道を圧迫している
  • 甲状腺ホルモンが過剰に分泌されている
  • 美容上の観点で本人が摘出を希望している

などの場合は良性でも摘出術を行います。

アイソトープ(放射性ヨード)治療
 プランマー病に対し放射性ヨードの内服を行うことにより、腫瘍が縮小したり、ホルモンの分泌を抑えることができます。

液体吸引除去
 甲状腺のう胞ではのう胞内の液体を吸引除去し、エタノールを注入します。

漢方薬
 現在のところ甲状腺腫瘍に有効な漢方薬はありません。

どこの科にかかるとよいか

甲状腺の専門医に相談してください。