症状はものがゆがんで見える、視力低下など。

治療せずに放っておくと、視力が0.1以下に低下します。
一旦視力が落ちると、良くならない場合が多いです。
そのため、早期発見、早期治療が大切です。

50歳以上の人の100人に一人がこの病気にかかっていると言われています。

加齢黄斑変性とは

網膜は映像を脳に伝える役目をするところです。
その網膜の中でも最も視力に大切な部分が黄斑です。
その黄斑に出血や、水ぶくれ(浮腫)が起こり、傷んでいく病気です。

治療や療養に関してのアドバイス

タバコはこの病気を悪化させます。禁煙が大切です。
紫外線も良くないので、サングラスをおすすめします。

目の中への注射(硝子体注射)が基本の治療です。
治療で視力が良くなる場合もありますが、悪化予防が主な目的です。
注射の効き目は数か月で、繰り返し打つ場合が多いです。
注射がつらくなったら、主治医に相談しましょう。
病気の状態によっては、
腕から注射して光を当てる治療(光線力学的療法:PDT)やステロイド注射(テノン嚢下注射)により、
硝子体注射の間隔を伸ばせるかもしれません。

どこの科にかかったらよいか

眼科専門医にかかって下さい。