白目が血でにじんだように赤くなる状態を結膜下出血と言います。結膜下出血は何の前触れもなく突然起こります。人から目が赤いと言われたり偶然に鏡を見て気がつく時もあります。痛みや目がぼやけるなどの自覚症状はありません。白目が血に染まっているように見えますので、びっくりして来院される方も多いです。
白目を覆う一番表面の膜を球結膜と言います。この球結膜は、その下の強膜という目にとって大切な硬く厚い膜を保護しています。この球結膜の中を走る細い血管が何らかの原因で破れて血液が溢れるので赤く見えるのです。溢れた血液は、球結膜の間や下方に広がりますが、硬く厚い強膜は血液を通しませんので眼球の中には入りません。

結膜下出血の原因は

出血の原因は、はっきりしないことの方が多いのですが、強く目をこすったり、結膜炎、ケガ、物が当たった時、強くせき込んだ時などに起こることがあります。高血圧や糖尿病、腎臓病、白血病などの全身性の病気に起因する場合もあります。
小中学校の子供さんはケンカやケガで起こることがあります。ケガによるものは治療が要る場合がありますので眼科を受診して下さい。コンタクトレンズが原因で出血する時があります。

治療や療養に関してのアドバイス

治療はたいていの場合必要ありません。放っておけば血が引いてきれいな目に戻ります。出血が多ければ吸収されるのに時間がかかります。出血だけでなく眼痛や、見えにくい、かゆい、コロコロするといった症状があれば出来るだけ早く眼科専門医を受診して下さい。

どこの科にかかったらよいか

眼科