心肥大とは、心臓が大きくなる場合で心肥大と心拡大があります。通常は心電図や胸部レントゲン撮影で異常を指摘されることが多いです。
心肥大を来す原因の一部に突然死を来すものが有ります。

心肥大の原因は

心臓は全身に血液を送り出すポンプで、一日に十万回も収縮を繰り返しています。
心臓の重さは通常250~300gですが、心肥大の患者さんでは2倍になることもあります。心肥大を起こす原因の病気には、スポーツ(スポーツ心:これは病気ではありません)、高血圧、心臓弁膜症、中隔欠損、肥大型心筋症などがあります。
肥大型心筋症は、無症状のことが多く、そのまま、突然死や心不全を招く事も少なくありません。
心拡大は、心臓の筋肉の収縮力低下が、内腔の拡大を引き起こし、やがて心不全へと進行していきます。
心拡大の一つに拡張型心筋症と言って、心臓の炎症の後遺症として起こってくることもあります。
心不全の症状には、歩行・運動時の息切れ、動悸、夜間の呼吸困難、足の浮腫などがあります。

まず、詳しい検査を受けて下さい。心肥大の原因が大切です。又進行の早いものか否か病態の程度は如何ほどかの見極めが大切です。それに基づいて生活の規制をして下さい。

治療や療養に関してのアドバイス

現代は、循環器に関しては非常に進歩しております。確かな診断のもとに的確な治療を受ければ、何ら病気を恐れる事は有りません。心電図やレントゲンでわかる心肥大も、その原因は様々です。高血圧は内服薬で血圧を下げなければいけませんが、高血圧の原因により、その内服薬の処方も異なってきます。  弁膜症では手術を要する場合があります。心筋症は、突然死を招くため、無症状の内から適切な治療が大切です。  一般にペースメーカーの植え込み、人工血管の利用、人工弁の利用等計り知れない恩恵を受ける事が出来るようになって居ります。精密検査も心エコー検査、ドプラー法、CT、MRI、心カテーテル、心血管造影など目をみはるものが有ります。不幸にして循環器の病に倒れられた方は、出来るだけ専門医の指示で近代医学の恩恵に浴してください。何よりも的確な診断を!

どこの科にかかったらよいか

是非専門の医療機関に御相談ください。