幼児期、夜間にお漏らしするのを「おねしょ」と言いますが、5~6歳になってもほぼ毎日「おねしょ」をする場合「夜尿症」と言います。夜尿症は小学校高学年でもクラスに1人から2人はみられます。

夜尿症の原因は

  • 夜間に作られる尿に対して膀胱の機能的容量が少ない。
  • 睡眠中に尿の生成を抑えるホルモンの不足や、多飲による多尿
  • 1と2の混合型

が考えられます。

治療や療養に関してのアドバイス

基本は「起こさず、あせらず、叱らず」です

「おねしょ」を防ぐため、夜間に起こすことは睡眠のリズムを乱し、膀胱に尿が溜まっている事の自覚を妨げ逆効果になります。
親があせって、叱ることは子どもの自尊心を傷つけます。「おねしょ」をしなかった時は褒めてあげることも必要です。

  • 夕食は就寝から3時間前には済ませる。
  • 夕食では果物や水分を控える。
  • 寒い日はゆっくり入浴し暖かくして寝る。前もって布団を温める。
  • 膀胱の容量を多くするため、少しの尿意でトイレに行かず、おしっこの「がまん訓練」をする

これらの生活指導でほとんどの夜尿症は治ります。

治りにくい場合はどこにかかったらよいか

まれに、糖尿病、尿崩症などが原因の場合がありますので小児科を受診して下さい。治りにくい夜尿症では薬物治療を行います。