片方の目は見たい方向、もう片方は見たい方向と違う場所に目線を向ける状態を斜視といいます。
斜視はずれる方向によって、外斜視、内斜視、上斜視などがあります。
例えば、「もう片方の目」が鼻のある方向(内向き)にずれている場合は内斜視です。

子供のころ(特に7歳まで)で問題になるのは、多くの場合、内斜視による弱視です。
例えば、ずれているのはいつも左目。
     この場合、ずれている左目の視力が落ちます。
     メガネをかけてもです。

この状態が弱視です。
弱視はできるだけ早く治療を始めた方が良く治ります。(7歳がタイムリミットです。)
弱視の治療が最優先です。

弱視の治療が終わった。
または、もともと弱視がなく、両眼ともよく見えている。
次に斜視の治療を考えます。

状態によっては、斜視の治療をしない方がいい場合もありますが、
基本的には、斜視はどの年齢でも治療できます。
成人になっても大丈夫です。

斜視を治療するかどうか。

  • 人から目がずれていると言われる。
  • 目が疲れる。
  • 両眼で見たい。
上のようなことが気になり、
治したいと思ったら、眼科で相談しましょう。