年をとるにつれて体の節々(特に膝の関節)が痛み、階段の上り下りや長時間の歩行などがつらいという人が増えてきます。これは骨と骨との間にある軟骨が摩耗することによって関節が変形するために起こるもので、「変形性膝関節症」といいます。ひどくなると、水がたまり関節が腫(は)れてきます。

変形性膝関節症の原因は

  • 老化現象のひとつです。
  • 体重の増加や太ももの筋肉の低下、運動不足による関節内の軟骨への栄養不足などが原因です。
  • 高齢者ほど多くなりますが、条件が重なれば若い人にも起こりうる病気です。

関節が一度変形してしまうと元の状態に戻すことはできませんが、症状を和らげることは可能です。

治療や療養に関してのアドバイス

  1. 安静にして膝に負担をかけないようにしましょう。
  2. 肥満気味の人はまず無理のない減量を心がけましょう。
  3. 炎症や強い痛みがあるときは、消炎鎮痛剤などがあり症状を抑えることができます。
  4. 膝に体重をかけずに運動することが基本です。平たんな道での軽い散歩や水泳(平泳ぎは避ける)程度につとめておきましょう。運動の内容によっては逆に膝に負担をかける恐れがあり、注意が必要です。
  5. 膝体操などは温熱治療のあとや入浴後など、体を温めてから行うとさらに効果的です。
  1. 痛みがあるときはまず安静を保ちましょう。
  2. 膝を冷さないようにしましょう。正座や和式トイレなど膝に負担のかかることは極力避け、体重にも注意しましょう。
  3. 正しい膝体操を毎日根気よく続けましょう。

適度な体操と保温、減量の努力で膝の痛みはかなり和らぎます。

どこの科にかかったらよいか

痛みの強いときは整形外科医に相談して下さい。
また、膝の体操などの指導も受けましょう。