じんましんは、皮膚が蚊に刺された時のように、少し赤くふくれてくるものです。地図のように様々なかたちをして、数十分から数時間腫れが続き痒みを伴います。治療により、すぐに治まって再発しない場合を急性型、一ヶ月以上繰り返す場合を慢性型といいます。

「じんましん」の原因は

じんましんの原因には、いろいろなタイプがあります。

  • アレルギー反応によるもの
  • 圧迫・摩擦などの物理的刺激によるもの(機械性じんましん)
  • 温度の変化によるもの(寒冷じんましん、温熱じんましん)
  • 日光照射後に生じるもの(日光じんましん)
  • 何かに触れて生じるもの(接触じんましん)
  • 発熱を伴って生じるもの(感染性じんましん)

症状が長引く時はじんましんではない時があります。

治療や療養に関してのアドバイス

じんましんが出ている時は、入浴や激しい運動でかゆみが強くなりますので注意して下さい。

  • 原因がはっきりしている場合は、まず避けましょう。
  • ストレス、過労などの体調にも関係しますので体調を整えること事も大切です。
  • 内服薬には、抗ヒスタミン剤・抗アレルギー剤(かゆみを抑える薬)があります。
  • 重症の場合はステロイドの内服や注射が必要になってきます。

じんましんの薬の効果には個人差があります。自分に合う薬で上手にコントロールしじんましんの悩みから解放できるように主治医とご相談下さい。

どこの科にかかったらよいか

皮膚科または内科を受診して下さい。