まぶたがぴくぴくすることがあります。これを「眼瞼ミオキミア」と言います。これは、目を開けにくくはなりません。通常は数日から数週間で自然に治まります。
 それに対して、治療が必要な病気は二つあります。「片側性顔面けいれん」と「眼瞼けいれん」です。
 片側性顔面けいれんは、まぶたの症状に加えて、同側の頬、口角がピクピク動いてしまいます。通常片方だけおこります。眼瞼けいれんは、まばたきが増え、目が開けづらくなり、まぶしさを感じたり、ゴロゴロしたりします。ドライアイの症状と似ているところがあります。
 病名にけいれんとありますが、ぴくぴくが目立たないことも少なくありません。目をつぶるのは問題ないのですが、開けづらくなります。眉間にしわを寄せ、力を入れながら目を開けなければならない状態です。治りにくい病気です。

治療や療養に関してのアドバイス

治療は「ボツリヌス療法」が中心です。
ボツリヌス菌という細菌の毒素を安全に加工した薬品を、目の周りの筋肉に注射し、筋肉の緊張をやわらげる治療法です。
数ヶ月すると効果が薄れるので通常3ヶ月毎に注射をします。
良くなって治療を終了できる場合もあります。このほか向精神薬の内服や手術による治療もあります。

どこの科にかかったらよいか

ボツリヌス治療は、実施している施設と、していない施設があります。
受診された眼科で相談しましょう。