指を伸ばそうとする際に,ばねのように弾けた感じがある場合、ばね指(弾発指、狭窄性腱鞘)の可能性があります。

ばね指の原因は

指の曲げ伸ばしは腱という繊維の束によって行われますが、曲げる役割を担っている腱は関節にあたる部分でしっかりとした靭帯性腱鞘によって浮き上がりを防いでいます。
多くは加齢や使い過ぎによる炎症により靭帯性腱鞘が肥厚し、腱の通り道が狭くなり、引っ掛かりが生じることが原因です。
更年期や妊娠出産期の女性に多く、スポーツや指をよく使う仕事も原因になります。糖尿病、リウマチ、透析患者にも合併することがあります。
通常、朝方に症状があり日中は軽快する傾向があり、痛みを伴ったり、指が曲がったまま伸びなくなっているケースもあります。

→手指の使い過ぎには、まずは安静に努め、腱鞘の炎症が収まるのを待つことが重要です。

治療や療養に関してのアドバイス

局所の安静で軽快しない場合、保存的な治療として痛み止め、炎症を押さえる薬の投薬、腱鞘内へのステロイド注射などがありますが、再発することも少なくありません。
改善しないときや再発を繰り返す場合は、腱鞘切開を行います。通常は日帰りで腱鞘の一部を切開する手術になります。

どこの科にかかったらよいか

整形外科を受診してください。