風疹の増加に注意~予防接種を受けましょう

既にマスコミ報道でも取り上げられていますが、首都圏を中心に風疹の患者数が増加しています。今年になってからの累積患者数は2018年9月12日現在で468人と昨年の年間患者数(93人)の5倍以上に達しています。特に9月3日から9月9日までの1週間だけで一気に100人以上の増加となっています。8月までは、東京や千葉など首都圏での報告数が多かったのですが、全国的に拡大しつつあると思われます。これからは兵庫県でも感染が拡大する恐れがありますので、風疹について知っておきたいことをまとめました。

 

  1. 風疹はどんな病気
    風疹ウイルスに感染することで起こります。感染経路は飛沫感染で、非常に感染力は強く、潜伏期は2~3週間です。発症すると発熱、皮疹やリンパ節の腫大が起こります。時には生命に関わる全身状態の悪化を来すこともあります。

 

  1. 絶対に避けたい先天性風疹症候群
    風疹に対する免疫が不十分な妊娠20週頃までの女性が風疹ウイルスに感染すると、眼、心臓や耳に障害を持つ子供が産まれる可能性があります(先天性風疹症候群)。このため、風疹抗体価の低い妊婦はもちろんその家族も風疹に罹らないようにしなくてはなりません。

 

  1. どんな人が要注意?
    今年の報告患者では、ほとんどが成人(94%)で、性別は男性が女性の2倍と多く、男性では30~40才台が64%を占め、予防接種歴なしまたは不明が91%を占めます。これは昭和54年4月1日以前に生まれた男性は予防接種を一度も受ける機会がなかったことが関係していると思われます。

 

  1. 予防接種を受けましょう
    風疹は予防接種で防げる病気です。ただ注意しないといけないのは、妊娠中の方は接種できないことと、受けた後2ヶ月間は妊娠を避ける必要があります。このため、妊娠する可能性がある方は前もって2回の風疹含有ワクチンを受けておくことが大切です。また30~50才台の男性で、風疹に罹ったことが無く予防接種歴がないか不明の場合はワクチン接種を受けることをお勧めします。

 

【関連情報】

・厚生労働省 風しんについて
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/

・NHK ストップ風疹~赤ちゃんを守れ~
https://www.nhk.or.jp/d-navi/stopfushin/