062 舌が真っ白でこけがはえたようになっているがどこか悪いのか?

2011-09-16

 舌の表面はよく見るとじゅうたんの表面のように小さな突起が無数にはえています。舌の表面に苔のようなものがはえている場合、これを舌苔(ぜったい)と呼びますが、これは食べかすが詰まって細菌が繁殖してできたものです。本来食べ物をよく咬んで食べていれば舌のきれいな状態を保ちやすいものです。糖尿病や胃腸病や全身の衰弱があると舌苔を生じることがありますが、健康なのにできている人もいます。

舌苔(ぜいったい)の原因は
  • タバコを吸い過ぎること
  • 副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎を充分治療せず、鼻がつまり口で呼吸する時間を長くしてしまうこと
  • 入れ歯が合っていないこと
  • 歯がなくなっているのに入れ歯をいれないままにしておくこと
  • ものを食べる時に咬む時間をあまりとらないこと
  • 柔らかい加工食品ばかり食べること

舌はあなたの健康状態を映す鏡です!

治療や療養に関してのアドバイス

舌に苔のようなものがはえている場合はまず糖尿病や胃腸病や鼻の病気の有無を調べ、病気がなかったら生活習慣に問題がないかを検討してください。

  1. やわらかいものばかり食べずよく咬んで食べましょう。
  2. 歯磨きをきちんとして口の中を清潔にしましょう。
  3. 口臭を気にしすぎないようにしましょう。

どこの科にかかったらよいか
まずは耳鼻咽喉科、必要に応じて内科・歯科

ホーム | リンク集 | プライバシー保護について | お問い合わせ |

社団法人兵庫県医師会

〒651-8555 兵庫県神戸市中央区磯上通6丁目1番11号
TEL.078-231-4114 / FAX.078-231-8111 /

Copyright (c) The Hyogo Prof. Medical Association. All Rights Reserved.